ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

恐らく年内最後の更新となると思われる。
明日から幕張通いですから笑

でもあんまりいい話じゃない。

きっと色々なところで書いてる人がいると思うけど、
フジファブリックのの志村さんが亡くなった。
クリスマスイブに。
死因は不明。

個人的には幕張で30日のトップバッターで、
聴きに行こうとか思っていた。


友達は
「ロッキンで聴いて良かった」
っていってたけど、
私は聴いてない。
随分聴いてない。

ものすごい好きって訳じゃなかったけど、
やっぱり悲しい訳で。

イエモンのトリビュートの
「FOUR SEASONS」
を聴いていたら無性に悲しくなって。
二回が今は限界だった。
若いのに…

カウントダウンは空くらしい。
空っぽのステージみたくないな…


2009年最後の日記が悲しいことになってしまった。
でも仕方がない。

ご冥福をお祈りします


その分、私は頑張らなくちゃ。

みんなも無理しないで、自分のペースでゆっくり歩いてね。


良いお年を!


<today`s music>

フジファブリック「FOUR SEASONS」

これが最後なのかな…?



2009.12.27 by rockinks


P.S.

朝起きてからずっと頭痛と吐き気と眩暈がする。
風邪、ぶり返したかな?
でも熱はない。
そんな場合じゃない!
なんとかしなきゃ!!
まだ全然支度してないのに…

夜になって、
熱上がってきた泣
そんなこと言ってられない!
今晩で治す!!
もう根性だ!
[PR]
by rockinks | 2009-12-27 11:10 | music
久しぶりに若干寝坊出来た休日。
しかし睡眠時間は全く足りていない。
ちょっと仮眠をとれるかしら。
とりあえず、お風呂に入ろう。
皆には理解されないけど、
休みの日の昼間のお風呂は最高なんだよ。

皆さん年末でお忙しいでしょうが体調などは大丈夫ですか?
無理だけはしないで体に気を付けて下さいね。

なんでしょっぱなからこんなこと書くかと言うと、
私が「油断大敵」を思い知らされたから。
大したことなかったし、もう元気だけど。

この間季節性のインフルエンザの予防接種をしに病院へいった。
授業が早めに終わったからね。
診察の前に良く一応体温計るじゃない?
そしたらちょっとばかし熱がありまして(笑)
予防接種出来ずに、抗生物質等を処方された…
すぐ良くなったけど◎
今度出直そうと思ってるよ。
早くしないと年末年始の休診に入ってしまう!

皆さんこの季節は寒いし忙しいし、
たまらないと思うけどtake care!!ということで。




今はすっかり忘年会シーズンですが、お付き合いなど大変では?
まぁ色々できるのも若いうちだけど飲み過ぎには気を付けてね。

この間新宿駅の一番線ホームで電車を待っていた私。
すると右斜め前方でいきなり…

人がホームから落ちた!!

電車はその前にいってしまったばかりで、
まだ時間があったから、
緊急ブザーが押されて周りの親切な方々のおかげでその人はホームから救出された。
でも電車が来るまでの間その若い男性はずっとフラフラしていて、
いつまた落ちるか見てて不安で仕方がなかった。
周りの人もまた同じことがおきないようにずっと見守っていた。

いわゆる酔っ払いってやつです。

電車が来てその男性は無事乗れたけれど、
停車する度にそのなんていうか、
お戻しになって↓↓
三駅目くらいで自分で危険を察していったのか降りていった。

その後のことは誰も知らない。

多分駅員さんとかまぁ色々な人に迷惑かけたんだろうな。


ていうかさ!
同じ飲み会の席でそういう人がいたら、
一人で帰すなよー。
どんなにお金がなくてもTAXIとかに詰め込んじゃえばいいのに。
まぁ運転士さんは困るだろうけど…

あっ満喫においていくとか?

時間的にもまだまだだったんだから介抱してあげても良かったのに。


まぁそんなことがあったので…
皆さんくぐれも気を付けて下さい。

お酒で命落とすとか、ほんとやめて下さい。

皆さんのこと信じてるけど、一応と言いますか。

上からみたいですみません。




私は年末年始予定をぎっしりつめた。
体大丈夫っていうくらい(笑)
音楽漬けの日々を楽しみたいと思う。

COUNT DOWN JAPAN etc.

それまでに今年やるべきことをまだまだ頑張ろうと思う。


P.S なぜか今日のお昼はお雑煮らしい(笑)

<today`s music>

ELLEGARDEN「Surfrider Association」
[PR]
by rockinks | 2009-12-20 13:48 | omoi
さっきから若干というかかなりいらっとしながらPCを扱っている。
いつも通りルーターを抜いてネットにつなぐところから始めたのはいいんだけど…

なにこの遅さ!
なんでこんなにしょっちょう動作を停止するの!!
etc.

私パソコン使わないと出来ない作業いろいろあるんだけど!!!
だってもうとっくに情報化社会じゃない!

ここで怒っても仕方がないので、なんとかしよう(笑)
でも…どうしたら?

つまり人は疲れが溜まるとイライラしやすくなるものということ!?




ちょっと前の話になるんだけど、
サイドウェイズ
やっと観られました。

本当は友人と
さまよう刃
を観ようと約束していたのだけれど、
約束の日の前日に終わった(笑)
で次の候補がこれだったので(本当は私はこれが一番観たかった笑)、
観ることになったという訳。

元のハリウッドの
sideway
については前の記事で触れたけど、日本版リメイクも充分楽しめるよ◎

主要キャストの大きな違いを書いておくと(日本人という大前提を省く)、

〇小日向文世…ハリウッド版では英語教師をしながら小説を書いているが、売れないシナリオライターとなっていて、同棲していた恋人には出てはいかれているが離婚はしていない。

〇生瀬勝彦…一時は俳優として売れたが最近はという点は一緒、現在の職業がレストランの雇われ店長になっており、そのオーナーの娘と一週間後に結婚(逆玉という点では一緒)。

〇鈴木京香…ハリウッド版ではレストランで働きながら大学に通っているが、日本版では元から男二人と知り合いな上、ワイナリーで働きながら独学でワインの勉強をし資格取得に励んでいる。

〇菊池凛子…働いているところが全く違う上、片言の日本語を話す。ハリウッド版ではシングルマザーだが子供はいない。

色々と分かりにくくて申し訳ない。
どういう風に書いていいのか難しかった。
評論家の人ってすごいね!
プロだもんね。
それでご飯食べてるんだもんね。

ストーリーの骨は変わらない。
肉付けは全然違う。
観に来ている人の年齢層も予想通りというか、もちろん高くて。
実際30~40年代の方にお薦め。


アメリカでさえない中年役者(生瀬)が逆玉に成功し、
建設会社の社長令嬢との結婚を一週間後に控えている。
その結婚式に出席するために日本から留学以来の友人(小日向)がやってきて、
二人は思い出の車に乗って結婚式一週間前の旅に出る。
ワインに詳しい彼(小日向)はてっきり結婚式のためのワイン選びの旅だと思っていたが、
実はセレブの中で息の詰まる生活をしていた友人(生瀬)の息抜きの口実に使われたと判明。
友人(生瀬)はラスベガスにいくといって聞かなかったが、
若いころの二人の共通の友人である女性(鈴木)がワインの産地にいると聞いた途端、
彼女にあうために行き先を変更。
実は以前彼女の家庭教師をしていた彼(小日向)は、
彼女と友人(生瀬)のせいでデート出来なかったという過去があったのだ。
このさえない中年男の珍道中はどうなるのか…。


って分かった?笑
HP観た方がいいよ…
書きながら凹んだ。

日本版の方が日本人向けに表現がね全体的にソフトになってる。
ハリウッド版だと日本ではR指定つくのかなぁ?
でも一緒に見る人は選びます。
菊池凛子の英語はさすがだよ。

小日向さんがハチャメチャな友人である生瀬さんに振り回されるんだけど、
実際は生瀬さんはお酒を一切飲まないらしい。
しかも小日向さんはかなりの大酒飲みで、
空気が読めないと本人たちが語っていた。
うけるわ~。

小日向さんの役、さえないように見えるけどメンタル面はかなり強いと思う。
普段大人しい人程キレた時は怖いよね。

ある程度成長すると、人間は自由に生きることは出来なくなる。
感情さえリアルに表現出来なくて、我慢の連続。
でもたまには発散したいよね、いろんなこと。
この映画のように知らないうちに息抜きが出来ていて、
みんなの詰まるような毎日に転機がきますように。

あっなんか話がそれてしまった。
でもそんな心が温かくなるような映画だったってこと。

私は物書きには向いてないね苦笑




タイトルの意味は非常に私事です。
この間の記事に書きそびれちゃったなって。
このブログ、気が付いたら始めてから丸五年経ってた。

個人的にはその間色々なことがあって、
それは今も変わらないけど、
こんな未来は予測してなかったな。

夢をもって、目標をもって、突き進んで。
回り道をして、傷ついて、つまづいて転んで。
例え自分の描いた「未来予想図」と今が違っていても、
それは間違えた訳じゃないから。
失敗しても、やり直せばいいだけ。
やろうと思ったところがスタートで、
別にそれは人が決めることじゃない。

私が私らしく生きていくために突破しなくてはいけない関門はいくつもあるけど、
日々少しでも進歩してればそれでいい。

そう自分に教えてあげたい。

どんな人がこのブログを見て下さっているのか分からないし。
こういう記事を読んで私に毎回いらっとしていたとしても、構わない。
見て頂いてるだけで非常に喜ばしいことで。
ありがたいと思っています。

最後の挨拶じゃないよ(笑)
今日はなんとなくそんな気分だっただけ。

これからもよろしくね。

皆さんが笑顔で毎日過ごせますように。

<today`s musuc>

Superfly「愛と感謝」
[PR]
by rockinks | 2009-12-11 16:31 | movie
最近ふと思うことがあるんだけど…

・幸福と不幸は一度に来る
・不幸は長くは続かない、やがて光が射す
・幸せ続きだとなんだか怖い
etc.

色々いうけど、結局どれが正しいなんてなくて。
だからその人にとっての幸福論をそれぞれ持っていればそれでよいのでは、
という結論に辿りつく。


早くも師走になってしまったねぇ。
日本の冬なのにやたら雨が多くて、異常気象を肌で感じる今日この頃。
私は12月というか最近やたら忙しくて。
しばらく暇なしと思われる。
別に遊び倒してる訳じゃないよ(笑)
たまの息抜きはとても大事だと思うけど。

働いたり、課題をこなしたり…and more....

昨日、というか今日だけれど二人目の逍遥さんを倒そうと格闘していたら、
ものすごい時間になっていた。
でもまだ外は暗くて、冬であることをまた実感。
暖かい時期ならとっくに明るくなってる時間だったからね。

一応二人目の逍遥さんはやっつけたんだけど、
明らかに倒し切れていないので、
時間の許す限り何回も闘いを挑むしかないなぁ。
でも1ページ進むのに何分かかってるんだろう。
一人目の逍遥さんの方が遥かによかった泣

今日はたまたま時間ができたからこうしてブログを書いている訳だけけれども、
やることは山のようにあって。
でもさすがにちょっと休まないとやばいな、
と思うからこうやって休みながら色々やろうと思う。
サン牧の誘惑には完全に負けてるけど。
あれちょっと中毒性がある…




前置きが長くなったけれど、この間自分なりに覚悟をして

沈まぬ太陽

をついに観てきた。

これからこの映画をこれから観ようと思っている人に、
ちょっとしたアドバイス。

まぁ原作が山崎豊子な訳だから、
ご承知とは思いますがすっごく疲れると思ってご覧になって下さい笑
三時間越えの途中休憩10分の作品ですが、
特に前半は半端なく疲れます。
あとここで一回切るの!?って思うかもしれません。

でも私個人としてはそれでも見る価値のある作品だと思う。
単に俳優陣が豪華だから、とかそういう理由ではなくて。
これを観ると各々の立場で、色々なことを考えさせられると思うから。
メッセージ性がすごく強いから、老若男女問わず何か感じるものがあると思う。
まぁJ〇L関係者の方は絶対観たくないと思うけど苦笑

一企業の不条理さに翻弄された男」

っていうのが原作でも映画でメインテーマになってるようだし、
それはひしひしと感じ伝わってくる。

でも人の命の重さや、
家族の形、
仲間や友達とは何か、
とかあらゆることについて考えさせられた。


個人的に印象に残ったシーンは、
主人公・渡辺謙と成長した息子・柏原崇の牛丼屋さんでの絡み。
ネタばれになっちゃうからあんまり詳しく書けないのが残念だけど、
あれを観たら世の中のお父さん方はヤバいんじゃないかなぁ。

そういう我が家の父親も不器用な人でね。
特に私たち子供たちに対して。
この年になったからもう私は(恐らく兄も)色々わかって、
達観した目で見てるけど昔は大変だったなぁ。
私には分からないけど父親と息子って男同士だから難しいと思うんだよね。
柏原崇にあの言葉を言われた後の、謙さんの表情が忘れられません。
さすがだなぁ。
紅ショウガを牛丼にのせる仕草とか、
牛丼を口にかきこむあの感じ。
今こうやって思い出しながら書いてるだけでも泣けてきた笑


あとこれは全編を通しても現実でも重要なことなんだけれど、

御巣鷹山ジャンボ機墜落事故

に関して。

私はこの事故に関しては自分の生い立ちというかなんというか、
そういうところから間接的だけれちょっとしたど不思議な縁があって。
だから余計色々なことを考えたのかもしれないんだけれどね。
来年で事故が起きてから25年経つんだよね。
何か自分でもできることはないか、って思うけれど…
ご遺族や関係者の方々の気持ちを思うと軽率なことができないから。
いつも足踏み。
そういう人っていっぱいいるんじゃないかなぁ。

遺族の一人である宇津井健がまたねぇ。
フィクションなのに、結局最終的にあの人はどこに辿り着いたのか。
あの手紙を読んでどうしたのか、気になって仕方がない。
きっと現実にああいう方々が今もたくさんいて。
ずっと贖罪を自ら背負って今日も生きているのだと思う。
そんなこと感じなくていいんですよ、とか簡単に言えない。


あと三浦友和がああいう役をやるのは珍しいなと思って。
その点では加藤剛もそうだな。
きっと私の知らない世界で三浦友和の役(行天)のような人は絶対いると思う。
謙さんの台詞にもあったけど、
最終的にはああいう人の方が苦しんでるんだろうな。
ぬかるみに足がはまってしまって何とか抜け出そうともがいていたら、
どんどん沈んでしまって、
泥沼の中でなんとか呼吸しようとして、
でもプライドが高くて救いの手があってもすがりつくことが出来ず、
破滅の道に向かってしまう人。
悪いけどああいう世界には一生関与せずにいたいですな。


一個一個書いていったらきりがないさ。
いい加減長いと思うでしょ?
だからもうこの辺りでやめておくけど、最後に一つ。

全てに達観した後の謙さんの最後の最後の台詞。
書きたいけど書けないー。
でもここでね、やっとこの映画(というか本)のタイトルの意味が分かるのだよ。
その意味はすごく深くてさ。
多分大事であれ、小事であれ、何かしらに苦しんでる人全員にあてはまっちゃうと思うんだ。

恐らくこの映画への評価は賛否両論だと思うけど(特に原作を読んでいる方)、
私は作品に真摯に取り組んだ人たちの声を、
どういう形であれ観た側も真摯に受け止めればそれでいいと思う。
勝手な想像だけど悪評でも何でもどんとこい、
って謙さんが笑いながら言ってそうな気がする笑


あなたは動物園の檻の中のライオンにはなっていませんか?




ふぅ。
なんだかすごく長くなちゃったね。
最後まで読んで下さった方、ありがとう。
途中で飽きたり、最初から読む気分しない人もいるだろうな汗


みなさん風邪やインフルには気を付けて!!
そういう私が風邪気味なんだ。
少し喉と鼻にきてるよ。

事情があってしばらくは体調を悪くする訳には絶対いかない。
日頃のケアが大切だよね。
びっくりするほど食欲がないけど、最低限は食べるよ。
何事も体が資本だからね。

さぁ変な時間だけど、いい加減お腹空いたからご飯にしよう。

<today`s music>

福原美穂「cry no more」


今日は必然的にこの曲かなって。
自分のブログなのに、自分に選択の余地なし笑
[PR]
by rockinks | 2009-12-04 15:42 | movie