ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

やばいっ!
昨日が終わってしまった…
どうしよう。
やることはいっぱいあるのに、
今日から何を楽しみに生きていけばよいのだろう汗




映画館で予告を見る度に思っていたのだけれど、

TAJOMARU

なんであんなことになってんの?
いや、アレンジするのは自由だよ。
でもさ原作の芥川龍之介「藪の中」では、
盗賊で強姦までしてって感じなのに、
なぜ彼を格好良く小栗旬に演じさせようと思ったのだろう。
しかも横文字。

わたし既に「GOEMON」の時点でも見る気しなかったのに…
江口洋介は大好きですよ?
わたし多分紀里谷和明無理だわ。
あっ、でも「TAJOMARU」の監督は彼ではないですよ。


芥川の古典物(「芋粥」「藪の中」「地獄変」「鼻」etc.)を読むときは、
是非元になった『今昔物語集』『宇治拾遺物語』の説話を読んで欲しい。
その方が楽しいと私は思うけど、
興味のない人にはつまらんかね?
でも勉強になるよね。


太宰治生誕100周年で、
続々映画化されてるけど…
う~ん、、、

ちょっと前の話になるけど、

斜陽

は見た人の話によると、
「予想はしていたけどやっぱりひどかった。」
とのこと。
キャスティングもね。
なぜあんなプロポーションのよい佐藤江梨子をもってきたのだろう。
温水洋一はその人の中で完全になかったらしい笑
まぁ上原だもんね。

人間失格

生田斗真が主役ですな。
顔が既に現代的すぎて…
個人的に彼は好きですよ。
私アイドルにあんまり偏見はないので。
本人の努力と実力が伴っていることが重要なだけ。
だから彼の演技力がどれほどか。
「私」になりきれるでしょうか?
お金払って映画館に見に行く気になるかっていったら微妙。


ただこういう純文学が映画化されることで、
それまで全く興味のなかった人たちが読んでくれるっていうのはいいことだと思う。
私も読み尽くしてる訳じゃないから生意気なこと言えないけど。




あぁ今日からまた頑張らんと!

なんとかしてモチベーション上げて…

このままじゃ確実に沈没する。
[PR]
by rockinks | 2009-08-29 09:21 | movie
お久しぶりです。
意外に早く更新ができた。
いわゆる"逃避"ってやつ。

実はお盆過ぎから我が家では大事件が発生しまして、
ほんと頭おかしくなりそうだった。
諸々の予定が崩れ去ったことはいうまでもない。

我が家の犬の件なんだけどね。
そのことはいずれきちんと書こうと。
静岡県出身の姉さんにはきちんとご報告させて頂きます。


明後日は私が心から楽しみにしていることがあって。
そのために生きているといっても過言ではないから。
終わったら何を楽しみに生きていけばよいのか。

今月末によいニュースが入るか、否かによるのかな(笑)


そうやってひとつひとつ、
小さかったり、
大きかったりするけれど、
たまの楽しみを作って、
毎日を乗り越えて行けたら理想。




ちなみにわたくし、今月が誕生日でして。
メールetc.下さった皆様ありがとうごさいます。
これmixiとかに書いた方がいいんだよね?
多分(笑)
まぁそのうちちゃんと書くから。

あぁもうこんな歳になってしまった。
まるで予定外だ。
昔描いていた人生設計ともまるで違う。
まぁそんなもんか。

でもまだまだおばさんではない!
と思っている。
心の問題ではなく、実年齢も◎
20歳でストップしたかったなぁ(笑)

自分大丈夫か!?
[PR]
by rockinks | 2009-08-26 22:53 | music
なんで私が今日、
この短時間の間に連続投稿しているか、
その訳を最後に書いておこう。

私自身の都合によりしばらく記事を書くことができないかもしれない。
携帯から送信するのはあまり好きじゃないし
(exciteははっきりそれが表示されてしまうからね)。

多分その余裕がない。
それくらい追い込まれているのである。

あまりここで弱音を吐くことは好きではないから、
多分そういったことも書かないと思うし。

早くて一ヶ月後くらい、
でも二ヶ月後が濃厚。

私が生きてればね笑

まぁなんだかんだいって携帯からとかも書くかもしれないし、
わかんないや。

ただ更新が遅れたらすみませんってことで。

一時は全然書かなかったからね。


では、

See you next time!


あぁもうやヴぁい…

さっそく弱音(笑)

〈Today`s music〉
Perfume「Dream Fighter」

意外と歌詞が深い。
アイドルは馬鹿に出来ない。
[PR]
by rockinks | 2009-08-04 12:12 | iroiro
今e+でくるりOCEANLANEの東京公演のプレオーダーをやってて、
その件で友達と連絡をとっていた。

だけど近頃こういったものは、
良くも悪くもすっかりインターネットになってしまったものだから、
ネットがつながらないとまぁ困るよね。
それに最近こういったもののメールはすべてoutlookというかWindows メールでないといけないから、
外で確認できない。
満喫とかネカフェとかね。
そういう風にする理由はわかる。
悪いことする人がいるからいけないんだよー!!

あとは携帯電話。
これでやるしかないかな。
もう携帯もあって当然になってしまっていて、
私もすっかりそういった文明の中に取り込まれている。
時代、なのか。

話を元に戻すが、
協議の結果友達はどうやらくるりの方がいきたいようで。
でも激戦だし、
お互いの都合もいろいろとあるけれど、
一応申し込むことになった。

結果は、誰にも分からない。
[PR]
by rockinks | 2009-08-04 12:04 | music
というと噂をきいた。
そのアーティストのチケットをなんとか定価で手に入れた。
ほんと大変だった。
まじ激戦。

この調子だとツアーもやばいな。
どうかあたりますように。

だがここで運を使い果たしてしまってはいけない。
肝心なのは九月だ!




私にしては珍しく大衆向けの映画を二本続けてみた。

アマルフィ~女神の報酬~

私はイタリアに何度も旅行しているが、
南部はあまりいけていなくて、
いつかアマルフィやチンクエテッレetc.はいこうと決めていた。
だからこの映画はストーリーよりも舞台の方が私には重要だったのかもしれない笑
でも有名な観光地になるといきにくいなぁ。

だが私はでてる俳優陣も好きだった。
メインキャストの、織田裕二・天海祐希・戸田恵梨香・佐藤浩一の四名にあたる。
ストーリーと俳優陣の演技は正直微妙…
原作者・真保裕一氏は本当に織田裕二が好きだなぁ、って感じ。
織田裕二演ずる外交官・黒田のプロモーションビデオみたいだった。
せっかくいいメンバーで、いいロケ地なのにもったいない。

展開も読めてしまうし、
演技に関しては演出や監督の意向があるのかもしれないが、
どうも現実味を帯びてない感じがした。

ただイタリア警察の警部役のパパレオ氏はよかった。
多分私が事前にトリビアの泉をみてしまったせいだろう(笑)
あれみて、映画みるとシリアスなシーンなのに結構笑ってしまう。
いいのか、悪いのか。

エンディングロールの一番初めには、
当然のように「亀山千広」とあり、
仕方のないことないことではあるが、
「踊る~」シリーズのフジテレビ・織田裕二・亀山千広の流れが前面に出ていた。
まぁフジテレビ開局50周年記念制作映画だからね。

ハリーポッターと謎のプリンス

なぜ私がこの映画を見続けているかというと、
高校生(だったかな?)から原作も映画も見てるんだからあと2つみてやろうじゃん!
みたいな感じである。
途中でやめてしまう人は多いが、
なんとなく諦めたくなくて笑
我慢してみているわけではないけれど。

ただ映画は今までのを見ていないと全く分からないし、
原作がどんどん分厚いものになってしまったため、
映画では大幅カットされている。

だから…知ってないと全く分からないかも。

前回ではハリーの親代わりともいうべきシリウス・ブラックがそのいとこのベラトリックスに殺され、
今回は頼みの綱であったダンブルドアが仲間と信じていたセルブス・スネイプに殺害される。
もともとハリーは階段下の押し入れで暮らしていたような境遇で、
赤ん坊のころからの因縁で唯一心安らげる魔法の世界でも事件に巻き込まれてばかり。
ハーマイオニーとロンという親友や周りの人がついていてくれるけれども、
よく挫けないなと思う。
普通は…無理じゃないかなぁ笑
だからヒーローなんだろうけど。

いつの時代にもヒーローって存在してるけど、
自分にはないものを求めて人間はそういうものを作り出しているのだろうか。
ただこの作品に関しては、
主人公は浅はかな行動を何回起こしても学習せず繰り返し、
そういった点ではかなり人間らしい部分を持ち合わせており、
そういうところがより良いのかもしれない。

ただ物語の設定自体が「魔法界」を舞台にしていて、
全く現実味を帯びていないから、
結局は人間の憧れがうみだすものなのであろう。

私だって箒で空を飛んでみたいし、
色々な魔法を繰り出してみたいよね。
出来るなら。

全然違うしジブリファンの方に怒られてしまいそうだけど、
この間金曜ロードショーで「魔女の宅急便」をやっていて、
よかったよね。
あれは私が生まれる前(かな?)の作品だから、
懐かしすぎて泣きそうになるけど。
子供のころに見るのと、
成長してから見るのは全く違うよね。

おっと話がそれすぎた。
ちなみに今回の作品の主人公たちのラブシーンについては特に言及する気はない。
もとよりあまり興味がない。


多分夏にあと一つ大衆映画をみるけれど、
それ(10月)以降はDVDいっぱい借りたり、
ミニシアターいったりしたいよね。

そんな余裕あるか分からないけど。
まぁ今回はそんな話でした。
[PR]
by rockinks | 2009-08-04 11:50 | movie