ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

カテゴリ:book( 12 )

何日か前の話だ。
毛先があまりに痛んでいたので仕方がない。
また伸ばそうと思っている。


好きな本をようやく読める毎日がやってきた。
幸せだ。

正直今もやることがありすぎてかなりの負担だけれども、
それだけでなんと違うのだろう。

読んではいけないとずっと自分に言い聞かせてきた、
1Q84」・「笑う警官」シリーズなどなど大人買いしたが、
ずっと自分に言い聞かせて目を向けないようにしてきた。
王国4」も楽しみだなぁ。

映画も見に行き始めた。
多分これからかなりいいペースで観ることになると思うから、
(例え一人でも私は映画館へ行く笑)
blogの更新回数も増えるかも!?

music book movie

我慢しちゃいけない。
時間があったら旅行にもいきたい。

そういうことをしながらでもやることはやる。
それが大切なのだと思う。
みんなそうやって毎日頑張ってるもんね。


<today`s music>

バッハ「主よ、人の望みよ喜びを」

大丈夫。
どんなに時が経ってもなお、変わらないものがここにある。

More
[PR]
by rockinks | 2010-02-06 00:25 | book
明日はハロウィン。
はやいなー。
つまりもう10月が終わるっていうこと…

11/1になぜか予定が集中してしまった笑
でもダブルブッキングとか、トリプルブッキングにする訳にはいかないので笑
泣く泣く用事を一本に絞って。


昨日我が家の布団が羽毛布団になりました。
まだ若干速いけど、
夜から明け方までは冷え込むので仕方がない。
本格的に冬が到来したら毛布を分厚くすれば良いと思ってね。


「ガリ勉」とまではいかないけど、
無理を押して勉強とか、仕事とかすると疲れて休養が必要になったりするものです。
たまには頭と心を適当に休めないとね。
社会人の方々はそうはいかないよっていうかもしれないけど、
なにか大きなプロジェクトが終わった後とか、
決算の後とかってちょっと一息いれたくなったりしない?


そんな私は今もっぱら読書と映画鑑賞に時間を費やしてる。
もちろん他の娯楽もあるけどね笑

今まで代表作しか読んでない文豪のほかの作品を家にある全集で読み倒したり。
ただ私の純文学の趣味は偏ってるけど。
好みを話すと人格疑われそうだからやめとく~。

本屋で目にとまった文庫本を全然お金がないのに大人買いしてみたり。
そういう時ついつい歴史関係のコーナーに行ってしまったり、
新書コーナーで立ち止まってしまう自分をみて複雑になるけど。

最近、趣味は、趣味のままのほうがいいのかな?
お兄ちゃんのいってたこともあながち間違いじゃなかったのかな?
って思ったりするけどね。
努力も、才能も、実力もなにもかも足りない自分としては笑

とにかくTSUTAYAにいって今まで見たくても見られなかった映画を借りまくったり。
お金がないから旧作ばっかりだけど…
カウントダウンにむけてCDもかりないとなぁ。


でもちゃんとやることはやってるよ。
進路とか、将来のことちゃんと考えてるし。
当然のように大学にはいってるし。


みんなはどんな秋を過ごしてますか?

食べ物が美味しいからって食にばかり走らず、
適度に運動して、
適度に休んで、

そんな日々が送れたらいうことないね。

みなさんが、
今日も、明日も、明後日も、ずっと、
素敵な毎日を過ごせますように。

<today`s music>
絢香「みんな空の下」
[PR]
by rockinks | 2009-10-30 16:19 | book
通史を勉強するのにはこれがいいと教授に勧められ、

講談社学術文庫の、
日本の歴史
というシリーズを専門書と並行して読み始めた。

教授は私にその本を紹介しながら、
「東大の人が書いてるから難しいんだよね。
なんであんな難しい書き方するんだよー。」
と言っていた。

ではなぜ薦めたのだろう(笑)

図書館でとりあえず00~05までの六冊を借りてきた。
ところがうちの大学、まだ09までしか入ってない!
これ全25巻なんだけど…
確かに割と新しいよ?
でもさぁ!!

文庫なんだから買ったら?

と思ったあなた、

無理です。

とりあえず00は一冊1150円なり。

そんな高いんだからさぞ分厚いと思うでしょ?
全部1.5cmくらいしかないんだよ。

おかしくない?
確かに著者の先生方は日本史では著名な方ばかり。
でもさ、ねぇ。

講談社学術文庫、私の中で評価高かったのになぁ…





同じ勉強つながりで。

英語がさ、
Englishがさ、

全く出来ないんだよ。

進歩が見えないんだよ。

泣きそうだよ。

毎日単語やって、長文やって。

「少年老い易く、学成り難し」

っていうよくいうけど、そういう問題じゃないよね。
もっと根本的な問題のように思われる。




今日初体験しちゃった。

生まれて初めて髪の色が、




になったのだ。
大学入ってから知り合った人は実際を見たことがないと思うけど、
私は地毛が茶色いのだ。
最近大分暗い色になったけど、
小さい頃は太陽があたると金髪で。
よくハーフ(っていっちゃだめなんだよね)に間違えられた。

それを証明するものはいくらでもある。

中学に上がるとき、
先生に怒られないか随分悩んだものだ。
全く問題なかったけど。

高校生のころみんな茶髪にしたがって、
染めた子は注意受けてたから、
羨ましがられたなぁ。

でも最近は逆の苦労が多いんだよ。

しばらくはこれでいようと思う。

なんか新鮮だな~。


初体験


だもんね(なぜか繰り返す 笑)。
[PR]
by rockinks | 2009-06-25 00:45 | book
c0020001_932739.jpg


タイトルを見て全てお分かりの方、たくさんいるでしょう。

昨日6/19は作家「太宰治」が山崎富江と玉川上水で入水し、その遺体が発見された日です。
そして太宰治自身の誕生日でもあります。

今年は「太宰治生誕100周年」です。
三鷹は市をあげて様々なことを行っています。

ですが桜桃忌自体は彼が亡くなった翌年からずっと続いています。
その形態は現在に至り随分と変化しました。

三鷹駅から15~20分のところにある黄檗宗・禅林寺でそれは行われます。
毎年午後2:00頃、墓前(ちなみに目の前には森鴎外のお墓も)で、
お経が読まれ献花などがされるそうです。

詳しいことはご自身で調べて頂いた方がいいかと思います。



私はずっと迷っていました。
小学生のころから近所ということもあって、時折お参りにいっていましたが…
桜桃忌そのものに、そして生誕百周年という年に厚顔無恥でいってよいものか。


でも前日の夜には決心しました。
授業の関係で、遅くに献花にいくことしかできないけれど…
思い切っていってみようと。


授業等の関係で着いたのは夜七時を回っていたと思います。
それでもたくさんの方がまだいらっしゃいました。

皆さん私のような近所の者などではないでしょう。
わざわざ来られたのだと思います。
老若男女、というより時間帯のせいか若い方、それも女性が多かったように思います。
手を合わせたり、写真をとったり、一心にみつめたり、
それぞれの方が感慨深げでした。

写真を見てもらえばわかると思いますが、
「津島家之墓」と彫られたところが桜桃で「太宰治」に直されていました。



私もさくらんぼもっていきたかったけれど、駅前のスーパーにはなかったんだ。
今日は特売で売られているはず。
レジでちらしをみて「くぅ~!!」と思ったことはいうまでもない(笑)
オ〇〇キ!!


しばらくして、墓地のシャッターが閉められるということで追い出しが始まりました。

ギリギリだったみたい。
もう暗かったしね。


私はいつでもすぐ来られるし、他にもお参りしたい方がいらしたので早々に済ませませした。

お花を添えて、拝んだ、それだけのことです。

最後に写真だけは撮らせて頂きました。


ちなみに酔っぱらいのおじさんが、
堂々と、
あまりにも堂々と、
お供え物をとってゆきました。

おもしろエピソードは他にもありましたが、
個人情報になるので差し控えます。

知りたい方は個人的にどうぞ(笑)




その日は朝からハプニングだらけだった私。

門から出て止めてあった自転車で帰宅しようとしたら…

????

変だなぁ。


よく見るとチェーンが外れてた


その場ですぐに修理できる状態ではなかったから。
しばらく考えて押して家まで帰ることした。

するとその様子を見ていた紳士的な男性が声をかけて下さった。
「とれちゃったの?」
「はい…。」
「ちょっと車いって何か工具ないかみてくるね!!」

!!!

男性は使い捨て手袋をして戻ってきて、自転車を電柱に立てかけて直し始めました。

「すみません…。お時間は大丈夫ですか?」
「いえ、気にしないで。今日はこの為に(桜桃忌)時間取ってきてあるから。」

??

悪戦苦闘の末、何かまた車にいい工具がないか見に行かれたのち…
男性は走り出しました。

「ちょっと2分くらい待っててくれる?大丈夫?」
「は、はい!」

おそらくドライバーを探しに向かいのスーパーにいって下さったことはすぐにわかった。

焦る、私。

ちなみにお車はあの外車でした。
マークですぐにわかります。
おまけにめっちゃいいやつ。

男性がどのような方なのか、謎は深まるばかり。

ほどなくして戻っていらっしゃったのですが、手にはコンセントとホッチキス。
「スーパーってドライバーとか売ってないんだね。」
「あの代金お支払いさせて下さい。」
「いいよ、いいよ。」

~修理しながら~

「ほんとに近所なのでおして帰りますから。大丈夫です。」
何度も遠慮した。
「いや、僕はこういうのムキになっちゃうタイプなんだよね。絶対直すよ!」

!!

「お仕事などは大丈夫ですか?」
「僕はガイドみたいなことをしていて、今日お年寄りにトラブルがあってそれで呼ばれたんだ。
お年寄りの方だから携帯もってなかったみたいでね。」

怪しい方ではなさそう。(笑)
ようやく素性もみえてきた。

ちょっと疑ったりして本当にすみません。

「学生?」
「はい。」
「この辺りの?」
「いえ、違います。自宅が近いんです。」

「幼少期から時折来ておりまして、今日は思い切って来ました。
熱心なファンの方に邪魔になりたくなかったので。」
「でもあなたは本当は熱心なファンの方かもしれないね。」

「とんでもないです。本当にご無理なさらないで下さい。」
「これもなにかの巡り合わせだとおもうし、ね?」

ほどなくして修理は終了しました。
正直相当嬉しかった。

「あの…お礼を…。」
「学生の方からそんなことしてもらうわけにいかないよ。
「でも…。」
「いいから。それより本当に直ったか乗ってみて」

「ちゃんと漕げます!」
「良かった。ライトつけて帰ってね!」
「本当にご親切にありがとうございました。」
「いやいや!」

と足早に車に去って行きました。


こんなにご親切な方がいらっしゃるのだと。
正直びっくりした。
今の世の中、「見ぬふり、存ぜんぬふり」が当たり前なのに。
私はこの方を見習ってちゃんとしていこうと思った。

きっとお願いしてもお名刺は頂けなかっただろうから。
市のボランティアの方に問い合わせをしてみようと思う。


まずは、一生懸命勉強しよう。

<今朝のmusic>
Glenn Miller「The Best Of swing Glenn Miller」

More
[PR]
by rockinks | 2009-06-20 09:51 | book
昨日足の治りがあまりにも悪いので、
かかりつけの鍼灸院にいってきました。

一回いっただけで…

すごい!!

足はサポーターやテーピングでぐるぐる巻きになってはいるものの、
ぜんぜん違う。

この調子で続けて通おうと思います。




村上春樹の新刊がついに発売!
本屋では売り切れ続出…
みなさん苦労しているようです。

ちなみにわたしは違うところで悩んでて、

『1Q84』

手に入れたら絶対そっちにばっかりいってしまう。

勉強がおろそかになること間違いなし。

しかも文庫化するのは一年以上かかるでしょう…

あぁどうしよう。
長編で二冊もあるんだよね。




同じ村上春樹絡みで、
『ノルウェイの森』の映画化について。
キャスト発表になりました。

ワタナベ→松山ケンイチ
直子→菊池凛子

etc.

だったかな?

どう思う?
どうよ?

考えましょう笑
[PR]
by rockinks | 2009-05-27 18:23 | book
プロフィールにも書いてあるとおり、わたしは「村上春樹」という作家の小説に大変な魅力を感じている。
おそらく、大抵の作品は読みつくしたのではないであろうか。

イスラエル文学賞の時のスピーチ「卵と壁」にも大変感銘を受けた。
もちろん私はEnglishではなく日本語訳で読んだのだが笑
(正式にいうと彼自身は先に日本語でスピーチの原稿を書いてから、英訳を頼んだと言っている。
彼は英語には不便がない人なので普段は自身でやるのだが、その時は時間がなかったらしい。
そのあたりの思考はやはり日本人だ)

基本的に私は本を読むスピードというものが早いほうだと思う。
興味・関心を引かれるものに関してはとくにそうで、
一度入り込むとノンストップになる。

そんなこんなで村上春樹の作品を読むのに、
そう時間はかからなかった。


そういう訳で何年も前に彼の作品を読みつくしてしまった私は、
彼のいつ出るかわからない新作を待つ羽目にまったのだ。
もちろん私は彼の執筆活動の姿勢に不満を持っているわけではない。
むしろこのご時勢に独特のスタイルを貫き、
成功した彼をすごいと思う。
(ちなみに今年の夏に新作の長編が発表されるらしい。)

次に日本人でノーベル文学賞をとるとしたら彼だ、
という声が大きい。
大学の図書館には現代作家としては異例の数の彼の作品に対する評論がある。
私は最近ついにそこにまで手を出してしまった笑


何冊か読んで感じたことは、
私は全くわかっていなかった
ということである。

それぞれの作品に込められた彼のメッセージやメタファーの解釈は読者によって違うであろうし、
一学生の私に読み取ることは難しい。

であるが私は彼の作品、特に長編に関してのつながりを意識していなかった。
いわれてみれば、ということが山ほどあった。
「風の歌を聴け」・「1973年のピンボール」・「羊をめぐる冒険」という初期三部作に加えて、
彼の大ベストセラー「ノルウェイの森」の関連性。
有名な話だというのに…
一体どこまで本当かはわからないが。

だが、これをうけて今度から小説を読むときはもう少し視点を改める必要性があると実感させられた。


固い話になってしまったが、要するに

意外な発見があって面白いよ

と言いたいだけなのよ~笑
[PR]
by rockinks | 2009-05-17 17:11 | book
よしもとばななや村上春樹の著作を読んでいると、人の生き死にに関して敏感になる気がする

まぁ私はもともとそういうところがあるが…


生死・自我・孤独・愛 etc.


おそらくそれらのものは作家だけではなく多くの芸術家にとって、永遠のテーマなのだろう

そしてまた私にとっても


世にも名高い作品である、夏目漱石の「こころ」

私はいつも思うのだ

Kはなぜ「死」まで選んだのか

また先生はどうしてあんな時になって「死」を選んだのか


とくに私には前者がわからない
解釈は人それぞれだけれど


漱石はなにを思って彼らを動かしたのか

おそらくその答えはこの本のタイトルである「こころ」に秘められている気がする



このようなことを書くと私はまるで国文科のようだが、
私はれっきとした日本史学科であることを記しておこう


早く「海辺のカフカ」を読み終えねば


まだまだたくさんの本が私を待っている


あと脳トレの川島教授が(笑)
[PR]
by rockinks | 2007-03-09 02:49 | book
こんな赤面しちゃうようなタイトルをつけたのはもちろん私の恋の話じゃなくて。
いま読みたい本があるから。
書店で見かけた方やもう読んだ!という方も多いと思われますが…
この「I love you」という本。個人的に素晴らしい作家陣なのですよ。c0020001_23212967.jpg
井坂幸太郎
石田衣良
市川拓司
中田永一
中村航
本田孝好
  という6人。
めちゃめちゃ読みたいんだけど
私吉本ばなな以外は単行本は買わないから笑)
誰か読んだら感想聞かせて。
そして試験終わったらかして。
私ったら図々しいこと極まりない。
[PR]
by rockinks | 2005-07-18 21:33 | book
いまMusical baton以外にもこういったものがいくつかあるそうで。
サトシさんがBook Batonをまわして下さいました。
詳しく知りたい方はこちらへ。
私が一番本を読んでいたのは小学生の頃だからあんまり成長していないけど、、、
ま、いくとしますか。

Book reading right now (今読んでいる本)

 レポートのために読んでる本がたくさんあってこっちが進まないのですが、、、
 「暗黒童話」乙一ですね。
 あとずーっと前から読んでいない「僕のなかの壊れていない部分」白石一文
 後回しにされてるうちに文庫がでちゃった。
 私文庫のが最近好きで、、、荷物もちなんですよ。
 ちなみにレポートために読んでいるのは「ローマはなぜ滅んだか」弓削達
 です。新書だし笑)

The last book I bought (最後に買った本)

 う~ん、英語の勉強のための本をのぞけば古本屋で買った
 「平面いぬ」「天帝妖狐」乙一かな。
 最近ほんとに乙一ばっかり!!

 漫画ならば二ノ宮知子「のだめカンタービレ #12」

Five novelists(or writers) I read a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5人の作家、または小説家


 (よしもとばなな)吉本ばなな
 谷崎潤一郎
 萩原朔太郎
 中原中也
 乙一


 前者四人は思い入れがあるという意味で。
 よしもとばななは私のバイブル?みたいな感じで。おそらく全てもっているでしょう。
 重い話をこんな軽いタッチ書く人はなかなかいないと思う。生きる力をもらえるし。
 でも彼女の作品は女性向けかな?
 他3人は詳しくはないけど私が衝撃をうけたかたたちです。もっと詳しくなりたいな。
 乙一は最近よく読む作家、という意味で。事実ですから。

Five books I read a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5冊の本)


 「キッチン2」吉本ばなな
 「虹」吉本ばなな
 「MISSING」「ALON TOGETHER」本田孝好
 「代筆屋」辻仁成
 「彼女はいつもおなかをすかせている」アンドレス・スタコイス


 よしもとばななについてはきりがないので2冊で我慢しました。
 他にも「ハチ公の最後の恋人」「ハネムーン」「アンドロメダハイツその1」「SLY
 なんかがおすすめ!!
 本田孝好はどちらか選べなくて、、、
 まだ「FINE DAYS」を読んでないので早く読みたいです。
 辻仁成はまったく読まないけどこれは好きです。
 文章の書き方一つでこんなに違うんだなって。
 私にはこんな美しい手紙はかけません。書けたらいいのになぁって思います。
 最後はフランス在住の演出家でもあるスタコイスによる作品。
 お腹空いてるときにこの本はやばいでしょ。私はうににやれらた~

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

 caramelさん Caramel.Machine(同じばなな好きですから♪)
 ling-mu.m いつか、きりんを見にいこう
 box-in-the-cherry バブアタック
 pechu202 たこ焼き食べたい
 dig3 DIG!DIG!DIG!
[PR]
by rockinks | 2005-07-01 14:30 | book
c0020001_1665577.gif私の好きな漫画の一つ。
藤川佳世「かたつむり前線」

正直絵は微妙。私は素人だから良く分からないけど、背景は白いし絵も雑な感じがするけどストーリーは◎

高校生の若森朝子は陸上部の佐倉くんに思いをよせ、部活を見学する毎日。
そんななか彼と同じ陸上部の親友で学校一の秀才で美男子の梶原のとんでもない秘密をしってしまう。
それはストレスが溜まると“かたつむり”に変身してしまう、というありえない話だった。


よくある漫画じゃなきゃ絶対ないっ!!っていうタイプのお話。コメディっぽい感じ。
笑いあり、恋あり、変身あり、ていうかなんでもありのストーリーです。
受験や将来に不安を感じる登場人物など、思春期ならば誰もが「あるある」というような問題が非日常生活を描くストーリーに盛り込まれている。
特に梶原は“かたつむりに変身”というハンディを背負っていて社会にでることに焦りを感じている。
好きな朝子は佐倉君一筋だし、先生や生徒はあらゆるところで自分に頼る。
中間テストで平均95点だったのが期末で89点になり怒られたらしい…
私はストレスが溜まると具合は悪くなるが、かたつむりには変身しない。当たり前のことだけど、世の中皆頑張ってるのに自分ばっかり甘えてちゃ本当はいけないんですよね。

でも、でも弱音すぐはいちゃいます。

実は私最近はあんまり買わないけど中・高と漫画よみあさってたんだよね。
だから家にはかなりの量の漫画があります。
つぎ込んだ金額は考えたくもありません。

典型的な少女マンガタイプではないのでご安心を。
[PR]
by rockinks | 2005-04-24 16:23 | book