ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

イタリア旅行記~2/16(水)曇り

今日はシエナに行く予定でしたが、うちの母上の具合が悪くなってしまったので少しホテルでゆっくりしてからフィレンツェ観光をすることにしました。
母が寝ている間にホテルのパソコンを借りたら…なぜかhotomailにサインインできない?なんのためにmsnでアドレス取得したと思ってるんだ。パソコンだって有料なのに。
とまぁ一日中凹んでいても仕方がないので母の回復を待って出かけることにした。
c0020001_1853493.jpg
まずはアルノ川の向こうのサンタ・マリア・デ・カルミネ教会へ。20分の制限時間が設けられている上、暗いし一箇所しか見学することが出来ない。しかし見る価値はあった。
ここの見所はフィリッポ・リッピの息子のフィリッピーノ・リッピによるフレスコ画だ。お父さんは困ったサンでおかしい話があるのだがそれはまた今度。
親子二代才能のある画家である。
これは息子が他の画家の未完成品を受け継いだものだ。
有名なのはアダムとイヴを描いた「楽園追放」という作品。この写真だと微妙に死角で見えにくいのだ。申し訳ない。
しばらく見入っていると制限時間が来て追い出される。どうやら団体さんがくるらしい。もうちょっと見てたかったけどな。仕方がない。

次の目的地サンスピリト教会に行く途中アジア系の食品を扱うお店を発見。かっぱえびせん・しょう油・おいがつお…おぉすごい。思わず出前一丁を購入してしまいました。
さらに次にむかっていると今度はラーメン屋さんをみつける。フィレンツェなんでもあるなぁとひとしきり関心。
c0020001_1963713.jpg
ここが駅の近くにあるサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。駅の名前にもなっています。フィレンツェくらいの大都市になると国鉄の駅も沢山あるから「フィレンツェ○○駅」ってたくさんあるのね。
で一番中心の駅になっているのが「フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(S・M・N)」なのです。
ここは大きくてすごく立派なんだけど私が去年治安の悪い駅のほうに行くのを渋ったためにきていなかったのです。
広いのはいいんだけどさ、寒いんだよね。
c0020001_19115968.jpg
そしてお次はサン・ロレンツォ聖堂とメディチ家礼拝堂です。
後者ではまず入り口で酔っ払いのおじさんに出くわした。
で、見学しててうるさいなと思ったらイタリアの中学生かなんかが沢山来て、その様子を見てたらさっきの酔っ払いが先生であることが判明。
大丈夫か!?まぁ神父さんも昼間っからお酒飲んでるしね~困ったもんだ。
しかも中学生には笑われるし。
「おい、私は童顔なだけでもう19歳なんだぞ。」といってやりたかった。
ミケランジェロの彫像見られたからいいけどさ…
c0020001_1919955.jpg
メディチ家というのは長きに渡ってフィレンツェを支配していた一族です。 
建国の父コジモ一世に始まり、痛風病みのピエロ・ロレンツォ豪華王らによってフィレンツェの町は支配されてきました。
綿織物業や革製品など商業の町として栄えました。ここから沢山の芸術家が誕生していますし、そんな彼らのスポンサーとしてもメディチ一族は欠かせないものでした。
権力を握っていただけのことはあり、聖堂も礼拝堂(お墓)も大変立派なものです。

地球の歩き方に載っていた近くのトラットリア・ガリバルディで遅めのお昼をとる。ここは量が多くてもうたいへんだった。日本語メニューがあるからそういう点では楽なんだけど。
味は…「並」かな?
c0020001_19275119.jpg
寄り道をしながらドゥオーモ方面に向かう。
実は私達サン・ジョヴァンニ洗礼堂の中にはいったことがなかった。
有名な天国の門を見てから中へ。
これは天井画。圧倒されるよね。床も一面のモザイクで丁寧な模様が描かれている。
労力を想像するときが遠くなりそうです。
c0020001_19295882.jpg
お次がカテドラーレへ。ここの裏側にフィレンツェで一番有名といっても過言ではないブルネレスキ設計のドゥオーモのクーポラがある。私は去年こっちには登ってしまったので今年は行っていません。
登っていく階段が狭すぎて閉所恐怖症の母は具合が悪くなり安定剤を服用したいわくつきの場所だし。
そのせいで今年はジョットの鐘楼も登るのやめたのよ。てっぺんにいくにはエレベーターなしの441の階段ですからね。彼女は倒れてしまうでしょう。もともと今日は体調よくないし。
でも丸い天井というのは当時としては画期的なもので、これを見事作り上げたブルネレスキは本当にすごい人です。
カテドラーレでは去年は行かなかった地下にいってみる。遺跡がそのままの形で残されていて、モザイクも見ることができる。礼拝堂もオルガンもあるからここでもミサやってるのかなぁ。
c0020001_19374928.jpg
そしてドゥオーモ付属美術館へ。ドゥオーモの殆どのものがここに運ばれているので、ちゃんとチェックしよう。
印象に残っているのがこのマグダラのマリア。娼婦だった彼女は皆に忌み嫌われていたが、キリストの救済により以後幸せな人生を送ることになる。キリストの復活の場面にも立ち会っている。
これは色からしてブロンズ像なのかな?色といい荒い感じに見せている削り方といい忘れることが出来ない強いパワーがあると思う。
夢に出で来そうだよね笑)そしたらちょっと怖いけど。

ホテルに戻りポストカードをしたためる。
今日はためして○ッテンが聞こえてくるわ。
明日こそシエナに行くぞー!!
-------------------------------------------------------------

今日は3/7の兄の誕生日祝いにお昼は家族四人で近所に中華を食べに行きました。
帰りに吉祥寺によって3/4が誕生日のうちの愛犬のために犬用ケーキを買いにいったんだけど…
休みやった。
久しぶりに吉祥寺なんていったよーすっぴんで。
仕方ないのでこれまた近所のケーキ屋さんで兄の分だけ買って帰ってきました。

合宿の支度しなくちゃ。
[PR]
by rockinks | 2005-03-06 19:47 | travel