ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

イタリア旅行記~2/15(火)晴れ

朝起きてお風呂に入りジェットバスを使ってみる。温泉とかでもいつも思うけど気持ち良いけどかゆくなるんだよね。だからあんまり長くはできない。
しかもバスタブがイタリア人仕様のサイズなので私より小さいうちの母は、桶の中で動いてしまったそうです。
朝食には念願の生ハムが登場!!withメローネ(メロンのイタリア語)朝からほくほくですわ。イタリアは固いパンが主流だけどここは私好みのやわらかいパンがあって良かった。

今日は10時にウフィッツィ美術館を予約していたので去年の記憶をたどりながらアルノ川の方へ歩いていきました。
有名な美術館っていうのは予約しないと入るのが大変。ウフィッツィもそうだし、同じフィレンツェにあるアカデミア美術館とか(ダヴィデ像がある)、ローマのボルゲーゼ美術館(ラファエロやバッカス。ベルニーニなど)もそう。
バチカンは逆に予約が出来ない。だから朝八時には長蛇の列。
こういう情報もちゃんと調べていかなくちゃね。

一年ぶり二回目なので以前に見ているはずなのですが結構忘れているものですね。
去年と同様日本語の音声ガイドを借りて館内を周りました。日本語の音声ガイドがあるとかなり便利。やっぱりせっかく来たんだからちゃんと勉強していかないとね。
相変わらず凄かった、、、

館内は年代別に並べられている。古いものはほとんどが教会などに飾られていた宗教画だ。
受胎告知聖母子像が中でも多く見受けられる。
美術を語る上では見逃せない名作ばかりだ。
ダヴィンチやミケランジェロ、ラファエロを見た後にどうどうと登場するのがボッティチェリだ。
あまりにも有名な彼の二点はこの美術館でも最も大きな部屋に飾られている。
それが「ヴィーナス誕生」そして「」だ。
c0020001_059196.jpg私は前者より後者のほうが個人的に好きだ。この絵にはボッティチェリ独特の優しい色使いや、柔らかな線を良く見て取ることができる。
木々の中にたたずむ春の精。私のような素人が見ても息を飲むような美しさだ。
やっぱり本物は違う、と思う。
他にも良い絵がたくさんあったよ。新しい部屋も沢山出来てたし。
メドゥーサの絵は中でも印象的だった。迫力満点なの。
もう言葉では言い切れない。
こういうの苦手だから勘弁してくり。

見終わってから近くのトラットリアで昼食。フィレンツェに来てから今までとうってかわってよく食べてるわ。
いったんホテルに戻り明日シエナに行くためのバス会社を探すことに。
SITA社っていうのだけど結構苦労しちゃった。駅の反対側いったことなかったんだもん。
けれど歩き回っている間に小さなスーパーを発見。けがの功名かな?
ドゥオーモ周辺のカフェでお気に入りのベリータルトを購入。ハッピーだわ。

それからたくさんショッピングをしました。
殆どが家族へのお土産探しに費やされます↓↓

明日はシエナだぞー
-------------------------------------------------------------------
今日もバイトでした。新商品をもらってきて幸せでした。
「ベリーベリーペストリー」「巣ごもりたまご」明日食べるの楽しみだな。
問題は明々後日の合宿の内容が全く知らされないこと。新主将にメールしたのに帰ってこないし。
ちょっとなにやってまんねん。

RISING SUN ROCK FESTIVAL(通称EZO)のテントつき券が抽選受付中!葉書書かなくちゃ◎
今年こそ高校の友達三人でいってくるだよ=3
テントと聞いたうちの母親が早くもちゃんと「ホテルに泊まってくれなきゃ困る。いけません!」と言い出す始末。私は朝日がみたいんだっつーの。
頼むから分かってくれ。そんなに厳しくしないでくれ。門限10:30とか普通に無理だから。
[PR]
by rockinks | 2005-03-06 01:00 | travel