ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

振り返ってみなくとも、

春休みはあっという間に終わった。

多分かなりライブにいったり、
東京から(だけでなく日本からも)離れて遠くにいったり、
大学いったり、
ボランティアしたり、
友達とあったり、…etc.

手元に手帳とかないから分からないけど、
そんな感じの毎日を送っていたような気がする。

もう少ししたら(更に)色々と忙しくなるので、
疲労は否めないがこれだけは書いておくか。




恥の多い生涯を送ってきました。
自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです
。」

えぇ結局見たんだよね笑

人間失格

※原作を読んでいることを前提に書きます。
 そして思ったことを書き連ねただけの文章です。
 最初にお断りしておきます。


始めから、

(実写化は不可能に決まってるだろ!!)

とずっと思っていたせいか予想していたよりずっと良かった。

ただこれは見た人全員が言うのだが、
完全に主役は生田斗真ではなく伊勢谷友介だったよ。
ちなみに堀木役ね。
これは見れば分かる。
実力の差ですか?
でも思ったより生田斗真はずっと良かった。
だって、きついよね、初主演映画がいきなりこれじゃあ。

大庭葉蔵と堀木とどちらが人間失格なのか、
とかどちらが主役なのか、
という話になったら本格的に日文の先行研究読んで論文書かなくちゃいけないから汗
そこはおいておいて。

後は脇を固めるベテラン女優陣が良かったですな。
全員とは言い切れないけれどもだいたいの方は。
ベテランといえば石橋連司が本当にもったいなかった。
ヒラメが彼なんて本当に豪華なのに、脚本が悪いのかな。
ただ大声で下品に笑うだけの執事みたいになってて。
原作にない室井滋と生田斗真の濡れ場は最高にいらなかったし。

おっと、ケチつけ始めたらキリがなくなるからやめる。
だってその人それぞれの「人間失格」像があるでしょ?
そこから脱線しているか、それが許容範囲かは人によって違うよね。

ただ私的に三枚の写真の使い方は違う!と思ってしまった。
悪くないって言う人もいるんだけどねぇ。
あれ映画にどう使うかって難しいよね。



こんな私だからなんだかんだいって絶対見ないっていってる

ノルウェイの森

も見に行っちゃうのかなぁ笑


あっ最後に一つだけ。
原作同様、映画も、出来るだけ元気な時に観て下さいね!




あぁこれ三月の始めに観たのにずっと書いてなかったからすっきりした!!

ライブレポはもう無理…
ライブ仲間のmixiのレポにコメントするだけで個人的に精一杯↓


どこか遠いところにいきたい。
世界中を旅行したい。



FUNKY MONKEY BABYS「Lovin' Life」

最初はフォゲミにしょようかと思ったんだけど、たまにはJ-Popで。
[PR]
by rockinks | 2010-04-06 18:37 | movie