ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

イタリア旅行記~2/24(木)晴れのち雨のちくもり

今日は朝食もとらずにサンドウィッチとお茶をもって出発。
集合場所であるテルミニ駅近くのマルサラ通りにむかう。早く着きすぎてしまった。性分だから仕方がない。
大型バスが沢山とまっていたのでどれだろうね、なんて二人でしばらく探していると日本人女性に呼び止められる。ガイドさんだ。
いってみると小さな小型のベンツのバスがとまっている。私達も含めツアーの人はたったの五人。
今回全て個人旅行で自分たちでやっている私達。でも今日のナポリ・ポンぺイ観光だけはちゃんとガイドさんをつけて勉強しようと思ったのです。
イタリアんぽ商業車はベンツが多い。う~ん、リッチだなぁ多分丈夫だからだと思うんだけど。
日本で言う高速道路にあたる「アウトストラーダ」にのって南へ向かう。
ちなみに日本で言う「ETC(自動現金支払機)」にあるものは「telecom」といいます。なんとこのシステムイタリアが発祥の地なんだそう。
c0020001_1053444.jpg
まずはポンペイの遺跡を見ます。立派だねぇ。
当時のポンペイは既に二階建ての建物があったそうで。色々なものをみていると建築技術の高さに驚かされます。
写真は街の中心。ここに神殿や市庁舎(っていうのかな?)があったみたいです。
c0020001_10585772.jpg
次の写真は市場だったところです。
円形にたてられた柱の周りには四角くかたどられていますが、ここには溝があって野菜を洗ったりした水が流れるようになっていたそうです。灌漑施設も◎
c0020001_114111.jpg
ここには二体のミイラがあります。当時の人は身長140cmとかなり小柄。
腰にベルトがついているのはは奴隷の印。
奴隷といってもかなり良い暮らしをしていたみたい。エジプトとは大違いだわ。
c0020001_1184185.jpg
これは今でいう「BAR」ワインをのめるところです。なんとここ公衆浴場の目の前にあります。
ポンペイ人は日が昇ると共に仕事を始め、午後にはのんびりお風呂につかり、締めはやっぱり風呂上りのいっぱい!!という感じみたいで。
いつの時代も変わらないね~
c0020001_1165364.jpg
次はここで一番有名なモザイク画ですね。この犬にの絵の下にかかれた文字「猛犬注意」とかいてあるそうです。
本やテレビで見たことのある人も多いのでは?
だんだん道が狭くなり一つ一つの家も小さくなってきました。
看板にはおかしなマーク。男性性器をかたどったものです。つまりここは売春街。
馬車に乗ってあちらこちらから沢山お客さんが来ていたらしいよ。ほんと変わらないね…
c0020001_11165321.jpg
これまた有名なフレスコ画。「ポンペイの赤」といわれているやつです。
ちょっとうつりが悪くて申し訳ない。
実際はもっと鮮やかな赤をしています。
お金持ちの家の食堂に描かれている。
当時の人にとってお金持ちというのはどれだけ沢山ご飯をたべられるかだったそうで、おかげでお金持ちはごろんと横になって食っちゃ寝、食っちゃ寝の生活を送っていたらしいよ。
慎重140cmでそんなに食べたら…間違いなくスタイル悪いよね?
c0020001_1121310.jpg
この水飲み場みたことない?
当時人はここに水を汲みに来たり、水分補給してたらしいよー

まだまだ沢山あるけどもう紹介しきれないよ…
ひとまずポンペイとはここでお別れ。

近くのホテルにあるレストランで昼食。ボンゴレ・スパゲティや魚のフライ。
最後にそのまんま出てきたみかんが甘くて美味しかった♪

再びバスに乗って移動。
カメオ工場に寄り道して見学。私正直カメオって好きじゃあない。だから省略!!

バスに乗った間ままナポリ観光をします。
海辺でちょっと降りてイタリアではじめてのジェラート。いつも寒いから食べてなかったんだ。
甘さ控えめで美味★ついでにドルチェも買っちゃった。
c0020001_1129174.jpg
デートスポットとして知られる広場からナポリの町を一望できます。
どう?きれいでしょ。
でもナポリは治安が悪いことで有名。失業率もNo.1だし。
車の運転もすごいよー先に頭出した方が勝ちですから。

帰りのバスの中では皆爆睡。朝早かったもんね~

今日のツアーでご一緒した男性はイタリアにきてからといものずっと具合がわるいらしい。私達からだが弱いから薬を山ほど持ってきている。おすそわけしよう!!ということになりました。
そこでスペイン広場を見たいというご夫婦にホテルまで一緒にきてもらい薬を届けてもらうことね。三人はツアーが一緒だったみたいなんだ。
そのご夫婦にもホテルのコンシェルジュで美味しいトラットリアを聞いて教えてあげました。
人助けはいいことだ!

私達はその後お土産を買ったりしてBARでお茶して、フィレンツェで買った出前一丁を食べてさっさと寝てしまいましたとさ。

このホテルのカプチーノは美味しい!!
[PR]
by rockinks | 2005-03-21 11:38 | travel