ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

きっと、

この歌、自体は古いけど知ってる方は多いと思う。



愛燦燦

雨 潸々(サンサン)と この身に落ちて
ずかばかりの運の悪さを 恨んだりして
人は哀しい 哀しいものですね

それでも過去達は 優しく睫毛に憩う
人生って 不思議なものですね

風 散々と この身に荒れて
思いどおりにならない夢を 失くしたりして
人はかよわい かよわいものですね

それでも未来達は 人待ち顔して微笑む
人生って 嬉しいものですね


愛 燦々(サンサン)と この身に降って
心秘そかな嬉し涙を 流したりして
人はかわいい かわいいものですね

ああ 過去達は 優しく睫毛に憩う
人生って 不思議なものですね

ああ 未来達は 人待ち顔して微笑む
人生って 嬉しいものですね



あの美空ひばりが歌っているものね。
作詞作曲した方はご存じでしょうか?

元銀行員の小椋桂が作ったもの。
私はこの歌の特に歌詞が好き。
難しい漢字を使いこなしているとかそういうところじゃなくて…
もちろんそこもすごいと思う。
良かったら漢和辞典引いてみて(笑)


短いけれど、
「うん、人生ってそうかも。」
と思うところがたくさんある。


そして最後に向かってどんどんpositiveになっていく。

自分もこうありたいものだ。
[PR]
by rockinks | 2009-06-16 17:51 | music