ブログトップ

うみのあお

rockinks.exblog.jp

まったり、だらだら、てくてく。そんなふうにゆっくり歩いていたいのです。

イタリア旅行記~2/20(日)雨

フィレンツェ出発の日。昨日よりも寝坊して更にゆっくりと過ごす。
朝からドラゴンボールZをやっていた。日本語のテレビとも今日でお別れ。
11:00頃にcheck out.最初なぜか事前に払ってきた宿泊料金や朝食代まで請求された。母親が冷静にホテルバウチャーを見せたところ、分かってくれた。
良いホテルだったのに最後に味噌がついてしまった。むぅ。

12:09の列車でアッシジを目指す。
通路を挟んで隣にはボローニャへ向かう日本人女性がいらした。
駅を降りると…TAXIがいない。なんて閑散とした駅だ。
皆困っていたが私達は運よくTAXIに乗ることができた。
ここは田舎町なので、電車と駅からのバスの時間が連動している。駅についてゆっくりトイレなんていっているとバスが行ってしまい当分来ない。
アッシジは街の中心が高いところにあるので徒歩は先ず無理。
私達の乗ったTAXIのおじさんは乗り合わせた外国人女性の手を握ったりするちゃっかりしたおじさんでした。全く困ったもんだ。

ホテルの部屋は広いしアッシジの街も見渡せるしなかなかよかった。
すぐに出かけアッシジの街を周ることにした。
寒いし、雨降ってるし、はっきし言ってありえない。我慢、我慢だ。
c0020001_22551348.jpg
まずはサン・フランチェスコ教会。聖人サン・フランチェスコの眠る教会だ。
田舎とは思えないほどの立派さ。
敬虔な信者の方が多い。
それもそのはず、アッシジというのは日本で言う高野山や比叡山みたいなもの。皆が修行やなんかでやってくるのだ。
ジョットやシモーネ・マルティーニなどのフレスコ画が沢山ある。
一階では酒臭いけど親切な神父さんが一生懸命髪を薄暗い教会で読んでいる私に教えてくれた。私はじろじろ見てくるし酒臭いし神父さんの格好だけど本当は妖しい人物なんじゃあないかと思い、冷たくあしらってしまった。
だって神父さんが昼間からお酒飲んでるんだよ!!どうよ?
二階にはシモーネ・マルティーニによる「サン・フランチェスコの生涯」という連作のフレスコ画がある。
サン・フランチェスコはもともと裕福な家のお坊ちゃまだったが、神のお告げにより生涯をキリスト教にささげることになる。
贅沢をせず清貧を一とする聖人であったため、今もなお多くの信者の尊敬をあつめている。
c0020001_236730.jpg
次はドゥオーモに行きました。
着いてから、?これがドォーモ?と正直思った。
だってDUOMO=大聖堂ですよ。
もっとファサードが沢山ついてたり、沢山とんがりがついてたりするはずなのに。
場所もアッシジのはずれだし。普通は街の中心にあるものです。
アッシジで他の街にとってのドゥオーモの役割を果たしているのはサン・フランチェスコ教会なのです。
だからここのドゥオーモはシンプル。清貧をむねとしていた街だしね。
人も少ない。地下の見学できるところは営業時間なのに閉まってたし。最近こんなのばっかりだわ。
働きなさい!!って感じだよねー
c0020001_23112589.jpg
最後はサン・キアーラ教会です。この写真見ると天気悪いの良く分かるでしょ。
キアーラという女性はこれまたお金持ちのお嬢様だったんだけどサン・フランチェスコに賛同し、出家してしまいました。
そのうちお母さんや妹も出家してしまったのでお父さんはひとりぽっち。なんだかかわいそうだよね。
まあ彼女も生涯を捧げた訳で、シスターたちにとっては憧れの女性なのです。
なんだかさアッシジの教会ってどれも似てるよね。

本当はサン・ダミアーノ教会とかカルチェリの庵とかもいきたかったんだけど遠いので断念しました。
レストランを探すが日曜日でどこもお休み。仕方がないのであいていたBARでお茶をして帰りました。
今日もホテルでカップうどんだ。これ美味しいのよーあなどるなかれ♪
明日はスポレートだから早く寝なくちゃと思いつつ、GREENDAYのプロモがTVで流れててついつい見入っちゃました。

正直アッシジは苦手だ。
--------------------------------------------------------------
バイトいってきたよ。
カップラーメンの在庫処分でラ王を105で手に入れてきた◎
いい買い物した~
もちろんちゃんと働いてきましたよ。今日は天気が良かった成果忙しかったのだ。

明日は母上とデートです。
[PR]
by rockinks | 2005-03-16 23:22 | travel